花粉症と鼻炎対策にはなた豆が一番合っている。

毎年春になると目が少しずつ痒くなり朝起きると鼻がむずむずしてくるようになり、その時にまた今年も花粉症のシーズンが始まったな、と気がつきます。
毎年花粉症になっているので、シーズンが始まる前に耳鼻科にでもいき、なにか対処出来るようにしておけばいいのに、いつも症状が出てから耳鼻科に通う事になります。
もともと鼻が弱く子供の頃はよく鼻炎になっていたので、花粉症の症状が始まるとすぐに蓄膿になってしまう事もあり、インターネットで色々調べて蓄膿症にいいと言われている『なた豆』の摂取をするようにしています。もちろんなた豆にもいろんな種類や接種方法ががあり、私はなた豆茶と刀豆のサプリを取り入れています。
お茶はノンカフェインでとてものみやすく、しいて言えば薄めのほうじ茶といった感じでしょうか。子供達にも好評で、私に似て鼻が弱くアレルギー性鼻炎にもよくなる小学生の息子も毎日なた豆茶をのんでいます。
そして花粉症や鼻炎の症状が出た時にはなた豆のサプリの摂取です。希望は一日12粒の摂取なのですが、そうするとすぐになくなってしまうので私は半分の量、そして子供には3分の1の量をのませるようにしています。思い過ごしなのかもしれませんが、このなた豆のサプリを摂取するようになってからは花粉症の症状が出てもいつもより早くになくなってしまうように思います。
花粉症や鼻炎の対策にはマスクや鼻に直接塗るものなど色々なものがありますが、私たちにはこのなた豆が一番効いているのではないかと思うので、このまま摂取を続けていきたいと思います。